banbi1986の日記

戦略コンサルタントの私生活ブログ

ロストバゲッジ

香港の旅ではキャリーケースが破損しましたが、半年前に行ったハワイ旅行では相方がロストバゲッジになりかけました。

 

ワイ島からオアフ島を経由して東京に戻って来ました。オアフ島での乗り換えの際に荷物の連携が出来てるのか不安だったので、ANAのカウンターで確認しました。

 

その時間違えなく荷物も飛行機に乗せましたー。心配せず乗ってくださいと言われたのに…

 

東京に着くと、荷物が1つありません。たぶんオアフ島にあります。との事。

 

しかも成田のANAの担当者は乗り換え便から荷物を下ろす時間が無かったと説明。

え?それなら、なぜもう一個の荷物は今ここにあるのか…

 

説明になってない!

 

と怒っても仕方ないので、事故証明書をもらって帰りました!

 

が、ここからが大切!

ロストバゲッジやロストバゲッジの疑いがある時は家に帰るまでが勝負です!

 

まず、クレカ会社や保険会社に電話して、ロストバゲッジの可能性がある事を伝えましょう

 

その際に、遅延時の保証限度額を確認しましょう!

これは、遅延時に必要なものを買った場合、お金を払ってもらえます。例えば、歯ブラシとかパジャマとか化粧落としとか無くては困る物なら買えます。

しかし、ほとんどの保険が家に帰るまでに買った物が対象です。だから、空港等で必要な物を買ってから家に帰りましょう☆